タイプに合わせた対策|効果的なミネラルファンデーションをランキングから選ぼう
ウーマン

効果的なミネラルファンデーションをランキングから選ぼう

タイプに合わせた対策

美容クリーム

ニキビ跡にはいくつかタイプ別に分類することができ、治療方法もそれぞれ異なります。そのため自分のニキビ跡はどれに分類されるのかしっかり確認してそのニキビ跡に合わせた対処方法を実践するようにしましょう。ニキビ跡の中でも空き見が残るタイプはニキビができた後、炎症が起こることで赤い状態になるのです。茶色や紫色になるタイプはシミのように見えますが、実は色素が沈着した後なのです。紫色になっている場合はニキビが炎症を起こし、毛細血管にダメージが与えられることで残ってしまうのです。茶色の色素が沈着しているのは、メラニン色素による沈着が原因でしょう。この状態で日焼けするとさらに色素沈着してしまうので注意が必要です。クレータータイプのニキビ跡は皮膚の表面が凸凹になってしまい、炎症が皮膚の組織まで破壊してしまっているのです。この状態になりやすいのは炎症を繰り返す人や、皮膚が硬い人です。赤みの残っているニキビ跡はビタミンCが含まれている美容液や化粧水を使ってスキンケアすることで改善できます。化粧水や美容液を使う場合は、しっかり洗顔して汚れを落としてから利用しましょう。またせっかく効果の高い化粧品を利用しても付ける順番が間違っていると本来の効果を発揮できない場合があるので気をつけるべきです。色素沈着タイプの場合はビタミンC誘導体や保湿成分が含まれた乳液なども活用して改善に導けます。クレータータイプの場合は毎日のスキンケアは欠かすことなく、皮膚科で治療を受けるようにしましょう。日頃の生活を見直すこともニキビ跡改善に繋がります。